事業案内

新・経営革新  N-iPFの特徴(2)

T.企業体質の革新を実現する 3大目標(6つの目標)

1.戦略目標

(1) 営業構造改善目標
(2) 商品力強化目標

2.手段目標

(3) 経営要素改善目標
(4) 人財能力向上目標
(5) 組織風土(企業文化)改善目標

3.評価目標

(6) 財務体質改善目標

戦略目標について

(1)営業構造改善目標

 ここでいう営業構造とは、販売・セールスのことではなく、商売を営む上での構造という意味である。これは 「売れる仕組みづくり」 のことである。
 取り扱っているものが有形の商品であろうと、無形のサービスであろうとコンスタントにたくさん売れる。ドンドン利用されるような 構造をどのように作っていくかを検討し、改善目標を明らかにする。

(2)商品力強化目標

 「売れる仕組み」 を作っても、同じような仕組みを持った企業がもっと競争力のある良い 商品や良いサービスを持ち込んでくるとせっかく作った「売れる仕組み」は、機能しなくなる。
 すなわち、売れる仕組みの中に 他の企業よりも良い商品やサービスを持ち込む必要がある。

この「営業構造の改善」 と 「商品力の強化」 という 2つの戦略目標が実現できれば、確実にその企業は、成長し、発展していくだろう。

手段目標について

 2つの「戦略目標」を実現していくためには、経営要素及び適切な組織や人財が必要となる。どのような組織を作り、どのような人財を確保、育成すべきかを明らかにしたもの、それがここにいう手段目標である。

評価目標について

 「手段目標」を実現し、「戦略目標」を実現することによって、企業経営者が最終的に実現したいもの、それは企業の利益であり、財務体質の改善である。