事業案内

新・経営革新  N-iPFの特徴(1)

前提

1.社長の想いを全社で共有し、全社全員の力でこれを実現する。

社長の想いとは

我が社の存続と発展に向けて

(1)未来志向で
我が社の未来に全ての考え方と行動を合せる。

(2)環境変化に適合するように
変化しつづける市場、マーケットとお客様の要求に適合するように我が社は、継続的な革新を進める。

(3)事業構造的には
我が社の未来に全ての考え方と行動を合せる。

これは、お客様の成長・発展と社会への貢献であり、そして我が社の全社員とその家族が豊かで明るい生活を営む、これを実現する意味をもつものでもある。

これは社長の想いに共感する社員の想いでもある。

2.そのために

企業体質の革新を実現する3大目標(6つの目標)で行動を始める。

3.経営革新の流れを

経営要素を7要素

経営評価区分を5つのステージ

に設定し、企業の現状レベルからスタートする。